転職に成功する職務経歴書・履歴書の書き方

転職に成功する職務経歴書・履歴書の書き方

転職に成功するには、職務経歴書・履歴書で、効果的に自分をアピールする必要があります。転職活動において、転職が上手くいっていないという人の多くが、書類選考すら通過することができていません。書類選考に通過しなければ、面接選考に進むことができません。そのため、より魅力的な職務経歴書・履歴書を作成し、書類選考に通過する必要があります。
職務経歴書・履歴書を書く際に、意識したいのは、その書類を見る採用担当者の心情です。そこで、このカテゴリでは、職務経歴書・履歴書を書くために必要なノウハウをまとめています。

転職に成功する職務経歴書・履歴書の書き方|転職サイト比較ランキング記事一覧

採用担当者は転職してくる人のどんなところを知りたいと思っているでしょうか?なぜ自己PRや志望動機を書くのか?その意味が分かると自然と言葉が浮かんでくるはずです。採用担当者が自己PRと志望動機に注目するのはなぜ?採用担当者が自己PRと志望動機に注目するのはなぜか。これを理解するのに分かりやすいのは、もしそこが自分の会社だったとして人が足りなくて困っていることを想像してみる事です。そうするとどんな人で...

転職する際には要約文が重要となる!転職では履歴書以外にも職務経歴書の提出が求められることが多く、企業側がその職歴の内容を元に採用を決めることも少なくありません。職務経歴書とは自分が今まで歩んできた職歴のほかに、その職歴の中で培ってきたスキルや技術といったものを記載することで企業側に対しアピールすることが可能な書類となります。しかし数多くの転職希望者がいるわけですから、募集企業側も応募者全員の職歴を...

最近はインターネットを活用して履歴書を作成する、Web履歴書が流行しています。企業によっては、こちらの方法を採用しないと転職ができないほどであり、利用することは当然となりつつあります。この方法を使う際の注意点として、ついいろいろな媒体をコピーして使ってしまう可能性があります。丸写しではなく、自分の意志を示せるような書類にすることが重要です。応募企業によって欲しいスキルやキャリアが変わる転職で応募し...

転職での志望動機の作成は自己PRとセットでなければいけません。なぜなら、自己PRで自分のことを説明した上で「自分は○○ような人間なので、これから御社で△△のようなことをやっていきたい」と説明しなければならないからです。○○の部分に当てはまるのが自己PRで、△△の部分に当てはまるのが志望動機です。自己PRの作成方法自己PRは志望動機につながるものでなければなりません。自己紹介ではなく、自己PRなので...

就職活動でもバイトでも、どんな時でも必須なのが「履歴書」ですよね。自分の強みをこの1枚でアピール出来れば良いのですが、そんな中でも「自己PR」は有効な強みアピールの手段となります。多くの人はこの自己PR欄をどのように考えているでしょうか。自分の達成してきた偉業や、それを就職先への意気込みにして書くことになるでしょう。偉業と言うと物々しいですが、自分のやってきたことをしっかり書くことができれば十分で...

添え状があるのと無いのとでは印象が変わる!転職をする際に応募企業に対し履歴書などの書類を送ることになりますが、その際にただ履歴書を送りつけるのではビジネスマナー的にも印象が悪くなりやすいですし、履歴書だけを同封しているのではあまりにもぶっきらぼうな態度と捉えられる恐れもあり、転職活動がスムーズに進まない、もしくはその行為が原因で採用されないということにもなりかねません。その為転職で履歴書などを送る...

自分の経歴を改めてまとめてみた時に、「転職回数が多くなっている」「離職期間が長くなっている」または、過去に非常に短い期間で、会社を辞めなくてはいけない会社がいくつかあるなど、自慢できる履歴ではないものがあると記載を控えたいものです。場合によっては、触れられたくない職歴をお持ちの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。不景気で中々仕事が決まらない状況が続く中で、ご自身が背負われている様々な不利...

未経験の分野に転職するというと、ほとんどの人は抵抗があるのではないでしょう。なぜなら転職というと即戦力であることが基本、特に年齢を重ねていればいるほど未経験の分野への転職というとハードルが高く感じてしまうのです。しかし、企業の採用担当者の立場で言うと、未経験であることはそれほど大きな転職の問題ではありません。なぜなら、たとえ経験者であろうと、職場が変われば働き方が変わるもの。同じような仕事であった...

転職をしたいと思っている人でも、職務経験が短くて、あまり職務経歴書を記載できない場合があります。短期間で転職を考えている場合、どうしても職務経験が短いと書ける内容が制限されてしまい、それによってアピールできる部分が減ってしまうことも多くあります。そういった場合に、職務経歴書をしっかり記載する方法を知っていると、対応しやすくなります。短い中にどれくらい仕事をしたか記載する短い仕事かもしれませんが、そ...

もし、これから転職したいと考えている、もしくは現在まさに転職活動中という方で、これまでと同じ業界、同じ職種に転職を希望されている方は、職務経歴書を記入するときに多少気を付けてほしいと思います。どういった事かというと、同じような仕事であれば、転職などしなくてもいいのではないか、もしかしたら何か前の会社にいられないようなことが起きて、転職を希望しているのではないかと勘ぐるタイプの面接官が必ずいるという...

現在、派遣労働者としての勤務をしている人は、有期の雇用契約による不安定な勤務体系である場合が多いと思われます。そのような方々は、将来の事を考えて無期契約となる正社員への転職を考える場合も多いはずです。その場合の、職務経歴書の書き方及び志望動機の決め方について解説していきます。今まで行ってきた職務の内容や成果について時系列に合わせて記入まず、職務経歴書についてですが、内容としては今まで行ってきた職務...

職務経験が長く、色々なことが記載できる人の場合、長い経験を全て書くことは難しいことです。また経歴書を上手く作ったとしても、これまでの経験を元に新しい気持ちが持てないのではと思われると、採用される可能性が悪くなります。大切なことを抑えて、もっとフレッシュな感じを出していくことが望ましいです。使える経験を中心に記載しよう長い経験を持っていると、最初から全て書いてしまい、職務経歴書の枚数がすごいことにな...

フリーターだった人が転職する場合、職務経歴書の作成は必要なのだろうかという疑問を抱く人がいます。転職する際の職務経歴書には社員として働いた経験を書き記すものであるという考え方が一般的ですが、社員として働いた経験がない場合はアルバイトとしての職務経歴を記すことができます。もしかするとアルバイトしか行ったことのない人は書類選考ですぐに落とされてしまうのではないかという不安から、職務経歴書の作成に二の足...