IT向け転職サイト比較ランキング|転職サイト比較ランキング一覧

エンジニアで働く方が、より良い企業へ転職を目指すためには今現在のその業界について詳しい転職サイトを利用することが成功への近道になるでしょう。

 

近年では非常にITまたはWeb関係の業界転職へ特化したところが増えてきています。その中でも特に評判が良く、私がオススメ出来るサイトをランキング付けしてまとめてみました。自分にピッタリの転職サイトを見つけて、是非大事な転職を成功させましょう。

 

レバテックキャリア

転職においては、出来るだけ希望している業界に特化した転職サイトのほうが有利になるでしょう。もちろん数や質という面でメリットがあるのですが、やはり担当者つまりコンサルタントがその業界に詳しいのが特に大きなメリットでしょう。

 

レバテックキャリアは全体的に評価が高く、この転職サイトの利用者にとってはコンサル面で満足される方が多いように思えます。それは何故かと考えると、コンサルタントがIT業界に詳しいというよりも講師自身がSEであるからというのが理由だと思われます。

 

はっきり言って、IT業界そして転職に詳しいSEが居るなんて鬼に金棒ですよね。エンジニアとして転職したいと思っているのならば、より業界の採用率の高い転職サイトを利用したいのは当然でしょう。

 

とても評判の良いサイトがあったとしても、SE転職に強くなければ意味がありません。もちろん他業界に行きたい時には利用されるのも手ですが、特に専門性の強いWeb・IT業界では特化性の強い転職サイトやエージェントが良いでしょう。

 

レバテックキャリアは平均的に若いSEの方がコンサルなどアドバイスを担当している傾向がありますが、より最新の業界動向を知っているという点では若さというのもある種のめるっとですよね。

 

対応のスムーズさも人気の一つとなっているようです。

 

Geekly

Web・ITと一口に言ってもパソコンか、それともアプリ開発か、または企業によってもやってる内容は全然違いますよね。Geeklyは利用者にピッタリ合った仕事を提案してくれることに定評があって、企業側のニーズと転職希望者のニーズが合うようにサポートしてくれます。

 

精度の高いマッチを生み出すには、きっちりとした業界把握と利用者のスキルや適性の見極めが必要ですよね。Geeklyのコンサル担当者は実力派という感じもあって、良い仕事を見つけられる可能性は高いと思われます。

 

ワークポート

ワークポート自体は扱う求人数も豊富ですが、「ワークポートTECH」では年々拡大を続けるWeb関連の仕事を専門的に扱っています。当然Web業界に明るいコンサルタントだけを集めていますし、SE経験のある方も居ますね。

 

豊富な転職情報が集まっていますが、それだけに自分に合った仕事を見つける可能性は高くなるでしょう。求人が多くても、しっかりとした担当者がいなければ良い結果は得られにくいですがここは業界をよく知ったコンサルタント、通称「就職(転職)コンシェルジュ」が居るので安心感がありますね。

 

転職サイト比較ランキングへの案内